今日の自転車


天気は晴れ。行きも帰りも向い風だったような。

晴れて暖かい一日で、毛布や膝掛けなどを
洗濯してから走る。

発熱インナーに冬用のジャージだとまだ暑い。

今日は通院している歯医者を経由して帰る。
走ったことないコースだったので新鮮だった。
本通りを横切る時は降りて押して歩く。


ドナルド・トランプが次期大統領になるということで
ああ、移住先にアメリカという選択肢はなくなったな、と思ったが
時間が経って考え方が変わった。

アメリカ国民がトランプを選んだのは熱狂からではなく
冷静さと合理からではないだろうか。

移民を入れないためにメキシコとの国境に壁を造る、
イスラム教徒を国外に追放するなどの過激な発言が
取り沙汰されるが、アメリカ国民の大半は真に受けていない。
彼らが惹かれたのは内需拡大を約束する経済対策である。

日本の安倍晋三政権が支持されているのは景気対策が
上手く行っているからであり、憲法改正などのタカ派な政策ではない。
現に世論調査では現政権下での憲法改正がそれほど支持されていない。

トランプの支持者は低学歴で低収入の白人であるというレッテル貼りをし、
それに比べて自分たちはインテリだなあという態度が見透かされてしまった。

人種差別は噴出するだろうが、いずれ収まるのではないか。
隠れトランプ支持者という言葉が表すように、本音はあるにしても
少なくとも公共の場ではそんな発言はしないという分別は備わっているからだ。

だからこれからは暗黒の時代が待っていると言うのは
そういう賢しげなことを言いたいリベラル勢の驕りだと思う。
楽観的すぎるだろうか。


スポンサーサイト
[ 2016/11/12 23:01 ] 自転車 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3479-39a322f0