大学病院に行く


大学病院に行く。


<9:30>
10時に来るよう言われたので9時半前に到着する。
広島駅から広電バスで終点まで。
電車を降りてから走ったけど、走らなくても大丈夫だった。

係の人がいたのでFAXと紹介状を見せると
FAXを地域連携の受付に持っていかれる。

10分ほど椅子に座って待っていたら呼び出される。
受付で保険証と紹介状を提出する。
名前、住所、生年月日を確認したら保険証のコピーを取られる。
クリアファイルに入れられた書類と呼出受信機を渡される。

<9:40-9:55>
エスカレーターで3階に上がる。
302が歯科受付で、ファイルを提出後、問診票に記入する。
記入後はすぐ近くの案内コーナーにファイルを提出して待つ。

<10:10>
地下に行ってレントゲンの撮影待ち。
今日は人が多くて待ち時間が長いらしい。

<10:30-10:35>
レントゲン撮影。
終了後は3階に戻ってファイルを提出。
案内コーナーに戻って待つ。

<10:40-10:48>
個室に呼ばれて医師と問診。
今までの経緯と病歴やアレルギー等を訊かれる。
噛み合わせのことを訊かれたが、もしかして左下の歯がないからだろうか。
ちなみに若い女医だった。

<11:05>
一旦待合室に戻る。
トイレから帰ってきたら呼び出される。探していたみたい。

いよいよ診察室へ。
手術を担当するのは50-60代の医師だった。
親不知の抜歯に関しての説明をされるが、
今までの繰り返しだった。
抜歯後は熱が出る、腫れる、しびれが出る。
腫れは一週間続くこともある。
「リスクはあるけど、まあ大丈夫っス」と言う内容を
少し丁寧な言葉で伝えられた。

年配の医師とお伴の医師が二人、学生が一人で担当する。
お伴は二人とも女性。
なんか和気藹々としていて、
「若い医師との問診の時に痛みはないと言っていたけど、
 本当ですか」と訊かれたので、そう言えば痛いですと答えたら
「やっぱりそうでしょう(笑)」とその場がドッと沸いた。
大学病院ってこんななの?

手術は金曜日に決まった。
患者が多くて順番待ちだそう。
予約の日取りをどうするかと問われたので
来いと言われた日に来ますと答えたら、最短で金曜日になった。

親分が去った後は若い女医に連れられ血圧と脈拍を測定する。
金曜日は受付を済ませた後このソファーで待てとのこと。

<11:15>
本日の診察は終了したので3階の受付にファイルと呼出受信機を提出する。
1階に降りている間に受信機が鳴り料金計算が終了したと通知される。
自動精算機に並んで料金を支払い、11時半頃に病院を後にした。

後々考えたら二時間滞在したのだけど、次々とイベントが起こるので
全く長く待たされたという感覚はない。
ベルトコンベアのようにシステマチックに、効率よく
進むのは管理がきっちりしているからか。
待ち時間に読書をしたけど、割とすぐに呼び出されるので
集中できず読み進められなかった。

1階には患者が溢れているが、それ以外のフロアでは
病院が広いこともあって人口密度が低く感じられた。
毎回椅子に座ることが出来て、立って待たされることはなかったな。

昼食はせっかくなので病院周辺で済ませようと思い、
グルメ雑誌にも掲載されていたステーキハウスに行く。
ステーキ丼を食べたが、それほどでもなかった。

的場の電停まで歩き、路面電車で八丁堀まで行く。
無印良品でゴムバンドで止められるタイプの手帳を買う。
リニューアルしてからは家具や収納製品が減って本が増えた。

登山用のフリースは高い。
トートバッグやビジネスバッグは1万5000円くらいのものが良さげ。
パーカーの新製品の万年筆は書味も良いが2万5000円はちょっと出せない。
シャツもネクタイも新しいのが欲しい。
手術を耐えたご褒美に買ってもらえないだろうか。


大学病院ではいちいちフルネームで本人確認された。
手術後は食事を摂れるのだろうか。
水だけ飲んで寝込むのだろうか。


スポンサーサイト
[ 2016/11/16 23:53 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3483-8e23e478