大学病院に行く


大学病院に行く。
抜歯した親不知の患部を抜糸する。

痛みの原因は、親不知を抜いた時に歯茎を切開して
そこがまだ治りきっていないから。
また風が染みるのはその前の歯の知覚過敏症。
両方とも経過観察し、痛みが続くようなら電話せよとのこと。

同席した学生がなかなかのぼんやり具合で、
先生が「その青いやつ」と指示してもてんで通じておらず
あたふたしっぱなし。
あそこで「バイト初日か!」と例えツッコミが出せれば
僕も大したものなんだけど。

先生と助手の女子二人は仲良し姉妹のようで
こちらが痛みのことを説明すると
「あー、それは〇〇だわ」
「そうじゃなかったらもっと洗浄する時に痛がりますもんね」と
顔を見合わせて「( ´・∀・)(・∀・` )ネー」となるのが妙に面白かった。

診察は5分ほどで終わる。
予想以上に早かったので映画を見る予定を変更し帰宅することにする。
その前に少し見て回る。





Amazon.co.jp ビルケンシュトック ハーフレングス インソール


懸念だったリーガルのブーツが硬すぎて歩くと膝や腰が
痛くなることへの対策としてビルケンシュトックのインソールを購入する。
サイズは39。足の甲を圧迫するのでハーフレングスにした。
これだと柔らかくて歩きやすい。
ただ、右足だけ足の甲への圧迫があり、これはこれで痛い。

きちんとサイズを測ってもらったら、右足の方が小さいらしい。

次は福屋に行って万年筆の試し書き。
パーカーのインジェニュイティとソネットを比べてみる。
ソネットはいわゆる万年筆なんだけど、書き始めがかすんでしまう。
インジェニュイティは滑らかだけど万年筆らしいカリカリ感はない。

帰宅してから、どちらにしようかと迷った挙句、
インジェニュイティをAmazonで購入する。
元々はボールペンじゃハッタリが効かないからという
割としょうもない理由で欲しくなったのだけど。
Fでも思ったよりも太いし、インジェニュイティは
替芯が高価だというのが難点か。


帰宅したのが上映時間くらいだった。
ムービーウォッチメンを聞く前に鑑賞しておいた方が良かった
気もするが、もうすでに評価は高いし、感想を聞いた後でも楽しめるだろう。



スポンサーサイト
[ 2016/11/25 22:59 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3493-49be20b4