小説 イーユン・リー著、篠森ゆりこ訳 『独りでいるより優しくて』




Amazon.co.jp イーユン・リー著、篠森ゆりこ訳 『独りでいるより優しくて』


シャオアイの痛々しい姿に自分を重ねる。
大きなものに歯向かい、敗北して絶望し、周囲に呪詛を振りまく。
立ち止まったままで前に進めず、それを遠巻きに見守るしかない周りの人々。

もちろん、僕の事態の深刻さは一万分の一くらいのものなんだけど。
読んでいて思わず「おい止めろ」と真顔になってしまった。

最初から心を閉じたルーユイ、かつての快活さを失っていくモーラン。
仲良しグループが崩壊していく様子が描かれる。


204頁
「卵が岩にぶつかったって勝てやしない」


スポンサーサイト
[ 2016/12/06 22:56 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3503-98fa890a