映画 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』



allcinema 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』


期待したほどではなかった。

デス・スターの設計図を手に入れるため帝国の
データセンターに乗り込むという決死の作戦なのだけど
そこに辿り着くまでが長くて。

データの入ったディスクを取り出すのがコンピュータ制御でなく
手動だとか、アンテナの制御装置が野ざらしだとか、
なんでそんなところに設置してあるのと疑問に思うことが多かった。
風雲たけし城みたいなトラップが急に登場したりとか。

反乱軍の司令部も作戦には反対していたのに、
いざ戦闘が始まったと知ると渡りに船といった感じで
援軍を送るのもなあ。
決して救出のためじゃないんだよな。

ナンバリングタイトルは鑑賞済みというぐらいの愛着しかない
立場からすると、後半の作戦シーンに予算の大半を使い果たしたのだろうか、
なんか全体的にチープなんだよな。
銃撃戦は『コール・オブ・デューティー』の方が迫力があるぞ。
ドニー・イェンをあんなに無駄遣いするのかよ。


ハンマーヘッドでスター・デストロイヤー同士を
衝突させるアイディアはすごく良かった。
シネマイレージで無料だったから、まあ良いかな。


スポンサーサイト
[ 2016/12/16 22:57 ] 映画・ドラマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3514-8cbee334