小説 柚木麻子 『ナイルパーチの女子会』




Amazon.co.jp 柚木麻子 『ナイルパーチの女子会』


SNS時代の不幸をこれほど的確に描いた小説はない、と思う。

他人のキラキラした面だけを見て羨み妬む。
他人からの評価で自己の価値を確認する。
それも重要なのは同性からの支持だ。

主人公の二人の女性は共に女友達がいない。
執着があり過ぎるため周りに引かれてしまう栄利子と
執着することに疲れて諦めてしまう翔子。
物語の最後には二人の求めるものが逆転する。

両者のもがく姿に自分を見つけてしまう。
他のSNSはほったらかしなのに読書メーターは
続けているのだから。


人物や事象の一側面を見て全てを判った気になるような
行為は、僕の住む世界では幼稚だと捉えられるのだけどな。



スポンサーサイト
[ 2017/01/22 22:51 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3545-f2f6dca4