本 ジョン・クラカワー著、佐宗鈴夫訳 『荒野へ』




Amazon.co.jp ジョン・クラカワー著、佐宗鈴夫訳 『荒野へ』


裕福な家庭に育ち、優秀な成績で大学を卒業した青年は、
周囲が望むような道に進まず、放浪の旅に出る。
二年後、アラスカで餓死した遺体が発見された。

頭も良いし商才もある。
人に好かれる愛嬌もある。
それでも彼にとってこの世界は生きにくいのだった。

何事も真剣に捕らえるので軋轢を生む。
少しでも引っかかることがあると納得するまで次に進めない。

無鉄砲に碌な準備もせず突っ走る姿を批判される。
アメリカ人でもただの愚かな青年だと簡単に
断罪する人が多いのは意外だった。

スポンサーサイト
[ 2017/01/31 22:54 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3554-a073e5d9