小説 桐野夏生『バラカ』




Amazon.co.jp 桐野夏生『バラカ』


震災と原発事故で東日本は荒廃し、国家による
情報統制が行き届いたディストピア日本が舞台。

甲状腺がんを患った少女、バラカは原発推進派と
反原発派のシンボルとして両陣営が奪い合う。
マクガフィンというやつ。


川島という人の皮を被った悪魔の所業が強烈だった。
当初の構想とは大分違ったものになったように見える。


スポンサーサイト
[ 2017/03/05 22:46 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3587-ca838e3f