本 池上 高志, 石黒 浩『人間と機械のあいだ 心はどこにあるのか』




Amazon.co.jp 池上 高志, 石黒 浩『人間と機械のあいだ 心はどこにあるのか』


ロボットが人間にそっくりになっていくにつれて
人間の定義とは何か、自分のアイデンティティとは
何かという問いを突き付けられる。

体の機能の大半を機械に置換したとして、それを人間と呼べるのか。
人工知能が自らの人権を主張したら、認めるべきなのか。
どうやら全ては人間側がそれらをどう受け取るのか、何を選択するのかという
問題に思える。


ボールはこちらに投げられた。さてどうする?


スポンサーサイト
[ 2017/04/04 23:09 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3608-10e78ff8