本 雨宮まみ 『東京を生きる』




Amazon.co.jp 雨宮まみ 『東京を生きる』



短いエッセイ集。

生まれ故郷でも居場所がないと感じ、大都会東京で
暮らしても居場所がないと感じ、買い物や友人、恋人で
隙間を埋めようとしても埋め切らなかった。
この世にいる意味をなくしてしまったのか。

男性がこじらせるのは性欲と騎士道精神の対立に
折り合いがつけられないことだと思っているが、
女性は美への飽くなき欲望、つまり羨望を浴びることへの
際限ない欲望に折り合いがつけられないからだろうか。


人が理想の自分と実像との違いに悩むことから
解放されるのはいつの日か。来るのだろうか。


スポンサーサイト
[ 2017/06/01 09:44 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3657-4d07404a