小説 中村文則 『教団X』




Amazon.co.jp 中村文則 『教団X』


輪廻転生を、死ねば体は素粒子となり世界に放たれ、
再び結合して新たな生命として生まれ変わることとするのが
面白い。

一方で、神がいるかどうか確かめたくて教祖になり、立場を利用して
悪行を重ねたが天罰は下らなかった。だから神はいない。
しかし天罰を下さないことが神の意志だとしたら?


現在、世界を覆う右傾化、保守化は思想やイデオロギというよりは
信仰に近い。
教団Xとはカルトではなく、現在の我が国そのもの。


スポンサーサイト
[ 2017/06/07 22:46 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3662-93c6ce5f