小説 東山彰良 『流』




Amazon.co.jp 東山彰良 『流』


祖父を殺した犯人を追うことを縦軸にして
1970-90年代の台湾を生きる若者の青春を描く。

共産党に追われ落ち延びた国民党の
支配が色濃く残る時代の台湾は荒っぽい。


上手く行くこともあれば行かないこともある。
人には色んな側面があることを描く奥行きのある
小説で、人生の機微と苦味を味わえる。


スポンサーサイト
[ 2017/06/12 22:55 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3665-3998e4f7