FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

本 カール・ハート著、寺町朋子訳 『ドラッグと分断社会アメリカ 神経科学者が語る「依存」の構造』





Amazon.co.jpカール・ハート著、寺町朋子訳 『ドラッグと分断社会アメリカ 神経科学者が語る「依存」の構造』


薬物依存に陥るのは使用者の10-20パーセントだそう。
貧困地域で育った黒人の著者が神経科学者になるまでの
半生とともに薬物が人体にもたらす影響の真実を説く。

薬物政策の効果、貧困、制度的な人種差別、そのほか多くの目立ちにくい
事情を薬物のせいにしている。

本来なら貧困や人種差別が原因の政策の失敗を薬物汚染に
すり替えられている。

薬物が人体に与える影響について科学的根拠に基づくのではなく
扇動的な報道で行き過ぎた恐怖だけが植え付けられる。

社会的に孤立するから薬物に手を出すのであり
厳罰化して社会との接点をなくすとますます薬物依存が進む。
投獄されることによって社会復帰しづらくなり、また刑務所で
悪い仲間とつるむことによって出所してからまた犯罪に手を染めることになる。
特に若い黒人男性はこの傾向が強い。

助成金を申請するにはその機関のモットーに即した研究にならざるを得ず、
結果、薬物の否定的な作用を強調しなくてはならない。
アメリカ人も忖度する。

有効的な政策と思われるのは薬物合法化ではなく薬物非犯罪化である。
個人で楽しむ分には刑事罰としない。
間違った政策で発生する人的損失は計り知れない。


305頁
人が依存症になる原因はヘロインやコカインではない。原因は、過酷な現実から
逃避しなくてはならないことにある。           ―シャーリー・チザム(政治家)


スポンサーサイト
[ 2017/10/18 23:06 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3759-81846480


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。