FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小説 澤田瞳子 『若冲』





Amazon.co.jp 澤田瞳子 『若冲』


八の連作短編集。
江戸時代に京都で活躍した画家、伊藤若冲の
半生を追う。

偏屈で人嫌い、己の全てを絵に注ぎ込む若冲と
それに振り回される周囲の人々との軋轢が描かれる。

だけど面白かったのは若冲が市場の利権をめぐる対立に
巻き込まれる、ポリティカル・サスペンス風な「つくも神」と
ご禁裏復興の絵師を選定する「まだら蓮」が良かった。
両方とも田沼意次に重用された中井清太夫が活躍する。
中井でスピンオフが書けるんじゃないだろうか。


復讐心から若冲を追い回し、画家になってしまった
市川君圭の執拗さたるや。


スポンサーサイト
[ 2017/10/25 23:05 ] 本・マンガ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mukougishi.blog59.fc2.com/tb.php/3763-874f24f1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。